「この世界の片隅に」は今もまだ

f:id:siosaba8145:20161216163500j:plain


先ほど、TBSラジオの番組の中に、「この世界の片隅に」の監督片淵さんがゲスト出演されていました。

私は仕事をしている間、ずっとラジオを聴いているのですが、ラジオを聴く中でこの作品を絶賛する映画評論家や心理学者などが沢山登場していたので、この作品への前評判の高さは十分に知っていました。

しかし、大ヒットしている「君の名は。」のように、数百もの上演館があるわけじゃなく、限られた機会しが与えられないので、そんなにヒットしないだろうと思っていました。

でも、のんさんを応援したいという気持ちから、観に行ったわけです。

一度観たら、もう一度観たくなる。

そして、次は違う発見をするという繰り返しです。

主人公のすずさんは、監督の頭の中ではまだご存命で、広島カープを応援しながら、ちょっと面白いおばあちゃんになっている姿を想像しているんだとか。

すずさんが今もまだ、この世界の片隅に生きていると思いながら、もう一度観てみようと思います。

年明けから上映館もまた少し増えるそうなので、まだ観ていない方はぜひ。

ただ、戦争の悲惨さをアピールしたり、あり得ない非現実的なアニメで感動させるような作品ではないので、フラットな気持ちで観ていただきたいと思います。


広告を非表示にする