読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘酒の香りが部屋の中に充満する幸せ

冷え対策 美容

f:id:siosaba8145:20161219003341j:plain


お腹の調子を整えるために、毎日欠かさずにヨーグルトを食べていた夏の日。

秋になってもそのまま順調で、乳酸菌ってすごいなぁと思ってました。

あれは3年前の冬のはじめのことだったかな、朝のヨーグルトがカラダを冷やすのが気になってしまい、少しお休みをしたら久々に便秘になってしまったことがある。

やっぱり続けないとダメなのね。。。

でも、寒いんだよ~。

ヨーグルトを少し温めるのも良いと聞いたので、常温くらいにしてみたけど、「美味しくない」という問題に直面してしまったのです。

その時に甘酒がお腹に良いと知り、米麹と水だけで作る無添加の甘酒を作り始めました。

60度くらいのお湯と、乾燥米麹を炊飯釜に入れて、保温をしてフタを開けたままで布巾をかけて4時間~8時間。

お湯の量と保温時間を調整して、好みの濃度と甘さ仕上げる手作りの甘酒は、冬の朝に身体の芯から温まるし、お腹の調子もすこぶる絶好調にしてくれる。

甘酒の作り方(米麹・炊飯器で作る) - How to make Amazake

夏は冷やしておくと、夏バテ防止のスタミナ飲料にもなるから、結局一年中欠かせないものになりました。

もともと甘酒は、夏の栄養食だったらしく、俳句では夏の季語なんですって。

炊飯器を使わないで、保温するポットでも作れる方法もyoutubeで見つけたのですが、炊飯器でしっかり発酵させた方が糖化が進むので、甘さがしっかり感じられるから、私は炊飯器で作る方が好き♪


広告を非表示にする